NMNとは?未来につながるNMNサプリの選び方と期待できる効果

老化防止・若返りといったキーワードで注目されている「NMN」という成分。サプリメントが市販され、数十万といった高い金額の商品も売れています。

このページでは

  • NMNとは何か?
  • どんな効果が期待できるのか?
  • NMNサプリの選び方、相場、安全性

といったことを、できるだけ簡単にわかりやすく説明していきます。

※なお、ここで説明する内容は、2021年6月現在において研究論文や書籍などで発表されている情報をまとめたものです。NMNの成分としての説明でありNMNサプリの効果・効能を謳うものではありません。

NMNとは?

NMNとは、正式名称「ニコチンアミドモノヌクレオチド(nicotinamide mononucleotid)」のことで、すべての生物の体内に存在する補酵素のことです。その中でも、サプリに使用されるNMNは「βニコチンアミドモノヌクレオチド(β nicotinamide mononucleotide)」となります。

ビタミンB3の一種であり自然生物の中にも含まれる補酵素「NAD+(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)」の前駆体(化学物質が生成される前の段階の物質)となります。

NMNは体内でNAD+に変換され、変換されたNAD+は身体のさまざまな機能を保つために使われます。

年齢を重ね年をとってくると、体内のNMN生成の低下に伴いNAD+も減少するため、健康障害(病気)や老化現象を引き起こすとされています。

NMNを外部から摂取して体内のNMN不足を補うことで、加齢ともなう身体的な機能低下や老化現象の予防が期待できるとして、各国で研究が盛んに行われ注目されている成分です。

いきなり難しい話になりましたが、NMNを摂取することで、身体的な機能低下防止に働きかける「NAD+」を体内で増やすことができるというわけです。

NMNの働き

NMNがどうして広まったか?

NMNが日本で広まったのは、2015年にNHKで放送された「NEXTWORLD私たちの未来 第2回 寿命はどこまで延びるのか」という番組がきっかけです。これ自体はどのサイトでも紹介されているので有名な話ですね。

NHKの放送の中では、老化のメカニズムや最新のがん治療の研究・技術などさまざまな内容が紹介されましたが、その中で一際注目されたのが「人類の平均寿命が 100 歳を超え, 最大寿命140歳も可能になり、その中で紹介された若返りの薬というのがNMNである」ということでした。

ワシントン大学セントルイス校医学部今井眞一郎教授とハーバード大学医学部デビッド・シンクレア教授が同じ様な研究を行い、生後2年(ヒト年齢約60歳)のマウスにNMNを1週間投与したら、生後6ヶ月(ヒト年齢約20歳)の運動能力、外観、活動レベル、細胞活性レベル他まで若返った
引用:NEXTWORLD私たちの未来 第2回 寿命はどこまで延びるのか

この放送をきっかけに、日本国内でのNMNの注目度も高まり、各メーカーがNMNをサプリメントとして製造・販売するようになったのです。

また最近では「LIFESPAN(老いなき世界)」という本の出版や、堀江貴文さん(ホリエモン)がNMNサプリを飲んでいることをSNSで発信するなど、注目度がより一層高まってきました。

NMNの働きとは?

NMNを摂取することによる影響は、今現在も各国で盛んに研究が進められています。マウスへの長期摂取実験から人への摂取研究まで様々な研究がされていますが、現時点で判明しつつある「NMNの大きな働き」を2つご紹介します。

  1. サーチュイン遺伝子の活性化
  2. ミトコンドリア活性化

NMNの働き

サーチュインの活性化

サーチュインとは生物に存在するタンパク質のことで、臓器や全身の細胞を制御する働きがあります。

通常は休眠状態なのですが、NMNから変換されたNAD+がサーチュインのスイッチとなりサーチュインが活性化することで、臓器や組織の老化抑制に働くことが期待されています。

ミトコンドリア活性化

生物に取り込まれた酸素は、その90%以上が体内の「ミトコンドリア」で消費されます。ミトコンドリアからは生きていくために必要なエネルギーが生まれ、私達の生命を支えています。

加齢とともにミトコンドリアの働きが弱くなってくると、エネルギー効率が悪くなります。いわゆる「歳を取ると代謝が落ちる」というやつですね。

さらに大量の「活性酸素」を排出するようになり、この活性酸素が肌のシミ・シワ・悪玉コレステロールの増加、さらには動脈硬化など「老化」の原因になっていくと考えられているんです。

NMNにはミトコンドリアの活性化する働きがあるとされています。

ミトコンドリアが本来の働きを取り戻すため、エネルギー効率のよい身体になり、いつまでも若々しくあり続けられます。また活性酸素の排出量も少なくなるため、さきほど述べた「老化現象」を遅らせることも期待できるんです。

サーチュインの活性化とミトコンドリアの活性化。
2つの事実の相乗効果で従来の成分よりも効果が期待できると考えられているのがNMNなんですね。

NMNに期待できる効果

NMNが人体に及ぼす影響が「サーチュイン遺伝子の活性化」と「ミトコンドリアの活性化」であることはわかりました。

では、それらが活性化されることによって具体的にどんな効果が期待できるのでしょうか?ここではその一例をご紹介します。※あくまでもNMNの成分としての効果です。

  1. 老化現象を遅らせていつまでも若々しく
  2. しみ、しわ、たるみといった肌トラブルの予防
  3. 脂肪組織の代謝を促すことによる脂肪燃焼
  4. 自律神経を整えてホルモンバランスの乱れを予防
  5. 加齢に伴う頭髪の薄毛を予防

NMNの効果

老化現象を遅らせていつまでも若々しく

一番は心身を若々しく保ってくれるということ。

体内のサーチュインの活性化・ミトコンドリアの活性化により、私たちの体を若々しく保つ効果が期待できます。

ハーバード大学医学部の研究において、生後22ヶ月のマウス(人間換算で60歳)に1ヶ月NMNを投与した結果、細胞が6ヶ月(人間換算で20歳)レベルまで若返ったと報告されています。※LIFE SPAN(老いなき世界)David A.Sinclair著

しみ、しわ、たるみといった肌トラブルの予防

臓器や組織の老化抑制に働くということは、肌をつくる皮膚細胞にも働くということ。

加齢による皮膚細胞のトラブル「しみ、しわ、たるみといった肌トラブル」の予防にも効果が期待できると考えられています。

脂肪組織の代謝を促すことによる脂肪燃焼

NMNは脂肪組織の代謝にも働きかけます。また糖質やタンパク質からエネルギーを生産するときに働く酵素もサポートすることが明らかになってます。

脂肪組織の代謝を促したりエネルギー生産時の酵素をサポートすることで、体内に蓄積した脂肪により一層働きかけて燃焼させる効果が期待できます。

自律神経を整えてホルモンバランスの乱れを予防

NMNは自律神経を調整する「脳幹」にも働き神経伝達物質の効率改善も期待できるとされています。

気分の好不調・肌トラブル・ホットフラッシュといった、更年期をむかえたホルモンバランスの乱れによる症状の予防・改善にもつながります。

加齢に伴う頭髪の薄毛を予防

加齢に伴う現象といえば、男女問わず薄毛があります。

NMNは頭髪の薄毛や白髪など、年齢を重ねたことによって引き起こされる頭髪トラブルも予防効果があると考えられています。

NMNの注意点

NMNは現在、医薬品ではなくサプリメントとして販売されています。大きな副作用などの心配はありませんが、注意したい点はいくつかあります。

劇的に効果がでるものではない

NMNはサプリメントなので、飲んですぐに効果がでるものではありません。飲んですぐに効果がでるのは「薬」であり、薬なら当然ながら副作用があります。

市販のNMNサプリメントは

  • 誰でも安心安全に飲むことができて
  • 徐々に改善を促すもの

です。

飲み続けて徐々に変化を実感していくものなので、ある程度の期間、継続的に飲むことが推奨されます。

持病などがある人は医師に相談を

NMNサプリに限った話ではありませんが、持病があったり、常に何かの薬を常用している人は、NMNサプリを飲む前に担当の医師に相談しましょう。

さきほど述べたとおり、NMNはサプリメントなので、基本的には常用薬と併用しても問題ありません。ですが、糖尿病などの持病のある方、妊娠中・授乳中の女性、小さいお子さんの摂取は医師に相談してからがよいでしょう。

NMNが含まれる食材

NMNは特殊な成分ではありません。私達が日常的に口にする「食材」にも含まれているものです。

以下は「食品100gあたりのNMN含有量」です。

食材 NMN含有量(mg) NMN200mg相当
枝豆 0.47~1.88mg 16,000個
ブロッコリー 0.25~1.12mg 3,200個
キャベツ 0.0~0.90mg 22個
アボカド 0.36~1.60mg 480個
トマト 0.26~0.30mg 480個
マッシュルーム 0.0~1.01mg 1,600個

※参照:Mills, Kathryn F. et al. Long-Term Administration of Nicotinamide Mononucleotide Mitigates Age-Associated Physiological Decline in Mice Cell Metabolism , Volume 24 , Issue 6 , 795 – 806 (2016)

NMNの1日の推奨摂取量は200mgと言われています。食物から200mgのNMNを摂取しようとするのは現実的ではありません。ブロッコリー3,200個、枝豆16,000個ですからね・・・

1日に必要なNMNを効率的に簡単に摂取するために作られたのが、これから説明する「NMNサプリメント」なんです。

NMNサプリメントとは?

NMNサプリメントとは、NMNを効率よく摂取するために作られたサプリメントです。

「食材に含まれるNMN」でも説明したとおり、私達が普段の食事から必要量のNMNを摂取するのは不可能です。

  • NMNを安心安全に
  • 1日に必要な摂取量を
  • お手軽簡単に飲むことができる

これがNMNサプリメントの目的です。

市販されている商品は様々です。NMNだけを配合したカプセル状のNMNサプリ、プロテインやコラーゲンといった他の成分も配合したNMNサプリ。サプリではないですが、NMN配合のフェイシャルシートなども販売されています。

主流はNMNを主体としたサプリメントです。

NMNサプリメントの相場

2021年2月現在、市販されているNMNサプリメントの値段はかなりバラツキがあります。数千円のものから数十万円のものまで。これほど差が大きいサプリメントも他にはあまりありません。

基本的に、安い商品は配合量が少なく、高い商品は配合量が多くなります。効果を期待するなら1日200mg以上の摂取が必要です。

「基本的に」と言ったのは、配合量が少ないのに高い商品も少なくないからです。

NMNの抽出方法に違いはあるものの、NMNは成分です。数年前までは、NMNは知名度も低く原材料であるニコチンアミドモノヌクレオチドの入手が困難だったため、NMNサプリを扱う会社も少なくそれなりに高価なものでした。

ですが近年はNMNサプリの知名度の高まりとともに、原材料であるニコチンアミドモノヌクレオチドも入手しやすくなり価格も安くなっています。

2021年現在の妥当な相場は1,000mgあたり3,000円程度でしょう。

NMNサプリメントの選び方

NMNサプリは高い安いさまざまです。ですが前述したとおり、成分は成分で差があるものではありません。

そのため、NMNサプリを選ぶ時は以下の点に注意して選んでみてください。

  1. 純度99%以上か?
  2. NMNの1日の摂取量が200mg以上か?
  3. 他の成分の方が多く配合されてないか?
  4. 日本国内の会社で製造・販売されてるか?

純度99%以上か?

NMNには「純度」があります。粉末にNMNの成分がどのくらい含まれているか?というものですね。

純粋に生成したNMNの粉末でもわずかながら余計なものが入ります。これは他の成分でも同じで、純度100%というのはありません。

ですが正直に生成したものであれば99%以上にはなります。70%、80%というのは他の成分を混ぜているわけですね。

他の成分の方が多く配合されてないか?

純粋にNMNだけを摂取するサプリでも”デキストリン”や”結晶セルロース”といった成分が配合されています。

NMNは非常に粒が細かくサラサラとした成分です。そのため、NMNの粉末をカプセルに充填するときに、ある程度粘り気のある粉末を混ぜないとカプセル化できません。デキストリンでカサ増ししているわけではなく、カプセル化するために必要不可欠なわけです。

ですが、成分の配合バランスには注意が必要です。

デキストリンなどはカプセル化するための量が入っていればよく、NMNの量を上回るほどは必要ありません。そのため、商品の原材料に”ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NMN)”が一番最初に記載されている商品がベストな選択でしょう。

NMNの1日の摂取量が200mg以上か?

ここが重要なのですが、
NMNサプリは1日にどのくらい摂取できるか?
で選んでください。

そして、できれば
1日200mg以上の摂取を推奨します。

NMNサプリの中には不親切な商品も多いです。パッケージに「NMN3000」「6000」など数字が書いている商品はまだ親切です。1箱(1瓶、だいたい1ヶ月分)で摂取できるNMNのmg(ミリグラム)のことなので、3000の場合は1日100mg、6000の場合は1日200mg摂取できるというものです。

ただ、NMNの配合量を記載してない商品も数多くあります。また「2粒で○○mg」と2粒の成分量を売りにしているのに、1つのパッケージは30粒入り(1ヶ月ではなく2週間で終わってしまう)という商品もあります。

  • 1日にNMNを何mg摂取できるか?
  • その商品が1ヶ月分なのか?

を確認してから選ぶようにしましょう。

日本国内の会社で製造・販売されてるか?

サプリメントは安全性が何よりです。NMNに限らず継続的に飲むサプリメントは安全・安心であることが最重要といってもいいでしょう。

そのため、日本国内の会社で製造・販売されている商品を選んでください。「海外製が安く手に入るから」という理由で安易に選ばないでください。

選び方をまとめると

  • NMNの純度が高い
  • NMNの配合量が多い(1日200mg以上)
  • 国内で製造、販売されている

ということになります。

上記の条件を満たす中なら、値段が安い商品でもしっかり期待できると言えますね。